飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: ヘリコプター、軍用機

 この頃の空自、第三飛行隊は間借り状態でエプロンの東外れ近くに格納庫が有ったように記憶している。
行ったついでなので海自の第二航空群、第四飛行隊のP2V-7も撮らせてもらった。こちらも雨のせいか訓練飛行で飛んでいる姿は見えず列線に並んでいるだけだったのは残念だった。

八戸197009290012_R

八戸197009290013_R

八戸197009290015_R





 1970年9月27日は三沢の公開だった。当時は米軍基地で空自は北空司令部だけだった。
第3飛行隊はハチロクで八戸の海自基地に間借りをしていた。この飛行隊には高校の同級生がハチロクのPさんが勤務していたので航空祭の後に訪問。
 行った29日は月末だったせいか、雨も降っていたのでフライトは無しでガッカリ。しかしエプロンにはわざわざ出してくれたのか、ハチロクが6機雨に濡れて並んでいた。ハチロクを八戸で撮ったのはこの時だけだったので貴重な絵になったかな。

八戸197009290001_R

八戸197009290006_R

八戸197009290005_R

八戸197009290009_R








 AH-1Sの続き、

八戸1994JAN0015_R

八戸1994JAN0016_R

八戸1994JAN0013_R

八戸1994JAN0012_R

八戸1994JAN-20082_R













 今日は昨日の続き、十和田湖上空。

八戸1994JAN-20059_R

八戸1994JAN-20062_R

八戸1994JAN-20063_R

十和田湖西岸を南下。

八戸1994JAN-20064_R




 謹賀新年。皆さん新年おめでとうございます。
昨年はコロナ騒ぎ、また自身も色々と悪いことが重なってしまったが、今年は良くなる事を願っている。
 今回のコロナ騒動では総司令官がいかに大事であるかが如実になったが、誰も指摘する人が出ないのはどうしてだろうか?司令官にはだれでも務まる平時と非常事態に能力を発揮するタイプの2種類あるが、現政権では前者であるのは誰の目から見ても間違いないだろう。と言って非常事態に対応出来る司令官候補がいないと言うのも疑いが無い、困ったものだ。
 さて新年早々の画像はと考えて見たが冬らしく雪景色を探してみた。
今から27年前、1974年1月6日、陸自の八戸駐屯地でAHー1Sの初飛行訓練を撮影する機会があった。
 4機編隊のAHー1SをOH-6Dで追いかけるというわけである。撮影者は2人だけだった様に記憶している。
この時は私は遠慮して真ん中の座席に座ったようだ。飛行場は海自八戸基地の北側に位置していて外からの撮影はほとんど不可能だったので陸自八戸の機体を撮れる数少ないチャンスだった。
 離陸後は西へ向かって十和田湖を周回してくるコースだった。

八戸1994JAN0015_R

八戸1994JAN0016_R

八戸1994JAN0013_R








↑このページのトップヘ