飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: ロシア

 2009年8月20日にデモフライトを行ったミグ35はミグ29の改良型、残念ながら
採用した国は無かったようです。
 性能の割にはかなり安価ですが、エンジンのオーバーホール時間が短いのが欠点。
 F-15、1機分の予算で4~5機は買えるでしょうね。アグレッサー部隊用としては
安価なお買い物と思うのは私だけかな。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 1

 ミリツァイといえばソ連時代は民衆から恐れられた警察組織、日本語訳では
”民警”ですが、ロシアになって2010年からは昔のポリツァイの呼称に戻ったようです。
 2009年8月20日のMAKSではゲートを入って展示会場に歩いている途中で近くにヘリコプターが着陸してきたのでしっかり頂きました。
 当初はどこの所属か判らなかったのですが、後で画像を見直してみるとミリツァイと読めました。詳しい事は判りませんがどうやら警視庁航空隊に相当するようです。
軍用機と違って塗装は綺麗ですね。
 AS355、RF-29011。

イメージ 3

イメージ 4

 こちらはロシア製の機体、カモフ226、RF-21001。
やはりロシアではロシア製の飛行機を飛ばしてほしいものです。

イメージ 2

イメージ 1

 カモフKA-50はNATOコードネームは”ホーカム”だがロシアの愛称はブラックシャーク(英語表記)だそうです。
 シングルシートの攻撃ヘリ、カモフ独特の二重反転ローターはトルクが無いので操縦性が良いとか。動きも機体が小さい、ほぼAH-1なのでかなり軽快でした。
2009年8月20日、モスクワエアショーにて。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 1

 昨日は初回来日時は都合で行けなかった成田へ日本では今後見ることが出来るか疑問のアンゴラ航空のアントノフ148を撮りに行って来ました。結構暑かったので帰ってきて編集作業はパスしてしまいました。
 定刻の午後2時10分より若干遅れましたが、無事Aランへの着陸を撮れました。

イメージ 1

イメージ 2

 その後Aランの中間地点付近で離陸を待ちましたが、急に西の空から低い雲が広がってきて日が当たったのは撮れませんでした。それにしても不思議に思うのは初回の離陸時に34L離陸後東側へ捻ったのに今回は16R離陸後東側へ捻った事です。
機体の癖なら同じ側へ傾くのに何故かターミナル側へ傾いています、意識的にやったのでしょうが理由を聞きたいものですね。

イメージ 3

イメージ 4

 なおアントノフ148は2009年8月のモスクワエアショーが初見でした。
この時はロシア航空塗装でデモフライト無し、夕方展示した機体が乗客を乗せて何処かへ飛んでいきました。

イメージ 5

↑このページのトップヘ