飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: 昔の写真、海自

もう41年も経ってしまった1979年には海自にP2V-7を改造した実験機が飛んでいた。
岐阜での初飛行時に飛んだ姿を見たはずだったがフィルムが行方不明。
なんとか岩国公開に展示された際(1979年5月5日)と下総公開(1979年5月27日)だけだった。
岩国ではこの後飛んだはずだがフィルムが見当たらない。

4655,VSA1979MAY0002_R

4655,岩国19780505_R

下総では飛んだと思うがこちらもフィルムが見当たらない。

4655,下総19790527 (3)_R

4655,下総19790527 (4)_R

4655,下総19790527 (5)_R



記録が無いのでハッキリしないが1990年頃次期対潜ヘリにSH-60Jが決定し、51空で運用テストをしていた頃の公開日。雨上がりだったのでエプロンには水溜りが。チョット拝借した。

館山0020_R

館山0018_R

オマケは1978年、岐阜の南側の長良川。岐阜の離着陸の空いた時間に南の方でヘリがホバリングをしていた。駆けつけると河川敷の林の空き地でホバリング訓練をしていた。正面からも撮ったがカメラを構えたおじさんが林の隙間から姿を現したのを見た見たPさんはビックリしただろうね。
小牧救難教育隊のS-62A。

岐阜197807210021_R








1985年1月7日の館山は飛行始めだった。
飛行前だったか飛行後だったか定かではないがエプロンに在庫一掃か横一線にずらりと並べてくれた。
一番奥には南極観測船だった”ふじ”搭載の南極塗装の機体が2機見える。
今考えれば整備用の脚立を借りて俯瞰撮影すれば良かったと後悔。

館山198501070003_R

館山198501070004_R

館山198501070008_R

館山198501070009_R




昨日の続き、P-3Cとの編隊飛行を終えた後P-2Jだけで撮影を続行。
大隅半島の東側へ来たら青空が広がり、海面を入れて撮る事が出来た。
旋回する編隊の外側だったのでほとんど同じ様な画像になってしまったのが残念。

鹿屋199201090014_R

鹿屋199201090016_R

鹿屋199201090010_R

鹿屋199201090012_R

鹿屋1992010937_R





もうかれこれ28年が経ってしまった1992年1月9日、第7飛行隊のP-2Jの最後の初飛行に参加することができた。
当日の鹿屋は前日の雨がうそのような晴天、配備されたばかりのP-3Cを長に3機のP-2Jが飛んだ。
我々の乗ったP-2Jは撮影の為に色々と工夫して飛んでくれたが、振り返ってみればああすれば良かった、こうすればよかったの後悔がしきりである。海上へ出たら雲が多くなり雲上での撮影になってしまったが、対潜哨戒機、海をバックに撮りたかった。

鹿屋199201090008_R

鹿屋199201090004_R

鹿屋199201090005_R

鹿屋199201090002_R

鹿屋199201090003_R

鹿屋199201090007_R





↑このページのトップヘ