飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: 昔の写真、小牧

イメージ 1

先週は百里での共同訓練で一時中断したBA,最後にダイアモンドフォーメーション。

昔からBAのフォーメーションのタイトさには評判がありますね。

翼と翼が重なっているという事ですが未だ確かめていません。

戦時中にはエンジンの調子が悪い戦闘機を両脇から2機で主翼を持ち上げるようにして帰って来たというような話を聞いた事が有りますが、主翼どうしが接触しない程度に重なった場合は上側の機体は持ち上げられるような感じになるのでしょうか、疑問です。

イメージ 1

今日は予報も悪く、朝南の空を見ても曇り空だったので百里はパスして、残っていたハルサーの続きをやりました。

という事でブルーエンジェルを続けます。

ソロは5,6番機が担当、低空をガンガン駆け抜けて行き、マニュアルではピントが追いつけません。しかも250分の1では手ぶれ量産でした。

何とか見られる画像です。

我が空自のT-2に比べても機体の大きさやごつさが違い迫力満点でした。
当時の空自は未だハチロクでしたが。

イメージ 1

今日も晴天だったものの風が強く、ハルサーは中止。
さる情報により百里へ出かけたが空振りに終わってしまいました。

帰りにはドクターヘリでもと思い県立中央病院へ寄って見ましたが、こちらも空振りでした。

今日のBAはBOMB BURST、下方開花です。

記憶に無かったのですがこの時だけスモークは主翼端近くから赤っぽいのが出ています。

残念ながらBAは青い空、特に真上の方を背景にすると機体が溶け込んでしまいます。
曇り空ならはっきり見えるのですが。

イメージ 1

今日もブルーエンジェルスの続きです。

カビがかなり繁殖していましたが何とか見られる画像になりました。

4機の密集編隊でリーダーだけが裏返っています。
他のチームでは見かけなかった演技ですね。

珍しくピントも合っています。(笑)

イメージ 1

今日は寒い予報でしたが、意外と暖かく、ハルサーをしていたら久しぶりに汗をかいてしまいました。

今日の1枚は昨日の続き、ブルーエンジェルスです。

デモフライトの初日、演技は午後からだったので会場の自衛隊側から民間ターミナルへ歩きました。

機体がブルーインパルス(当時はF-86F)に比べると大きく、演技高度も低かったため迫力満点でした。しかしそれがあだになって翌日のフライトがキャンセルになるとは思いも着きませんでした。

ところでこの演技、横一列に並んでしかも翼間隔が狭いですね。通常の編隊では前後にずれたり、上下の間隔を取りますが、流石エンジェルスといったところです。

科目はナイアガラフォールズだったように記憶していますが、本当の名称は?
どなたかご存知の方は教えてください。

↑このページのトップヘ