飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: 昔の写真、小牧

 岐阜のランウエイは東西の為、RWY10だと午後は光線状態が悪くなる為か小牧へ転戦。
当時の小牧には3空団8飛行隊が存在、ハチロクで飛んでいた。マークはご当地のシャチホコ。

小牧197x_R

小牧197x0025_R

小牧197x0028_R

小牧197x0035_R

IRANのテストフライトかノーマークのハチロクが着陸。

小牧197x0032_R












 今はどうなっているかはわからないが、1977年当時の三菱の小牧工場の北側には機体の仮置き場が有った。
IRANに来た機体の工程の都合でラインから外れたらしい、レドーム無しの機体が置かれていた。

小牧197704270010_R

小牧197704270009_R

小牧197704270008_R

 時期的に見ると工程の途中の新造機らしいF-4の343の姿も見られた。

小牧197704270007_R

 何故かこの日は夜まで粘ってエアマニラのB-707の夜景も撮影。

小牧197704270020_R





 今から44年前の1977年の小牧では第3航空団第8飛行隊が所在して元気に飛んでいた。
この飛行隊はF-86Dの退役に伴い、1968年に岩国から引っ越してきている。
 その後3空団は三沢に移転、八戸からの第3飛行隊と共に真の航空団になった。
ハチロクの愛称で親まれたF-86Fは機体は今どきの戦闘機に比べると小さく撮りやすくは無かったが、小牧は地形上三菱の北側は比較的離陸姿が撮りやすかった。また岐阜が近かったので掛け持ちで撮影する事も多かった。

小牧1977AUG0023_R

小牧1977AUG0013_R

小牧1977AUG0012_R











 今日も機嫌の悪いスキャナーをだましながらスキャンに精を出していて、ふと思いついてついでに1971年の名古屋航空宇宙ショーのブルーエンジェルスをスキャン。機嫌が悪くてこちらは4枚でアウト。
 撮影日付は10月29日、カレンダーで調べると金曜日。休暇を取って名古屋へ行っていたようです。
 この日は予行だったのかな、7番機が他の機番の代役を務めたようです。パイロットの乗り降りには外部ステップを使わなかったですね。A-4は流石に専用のステップが有りましたがFA-18は内臓式を使っています。
 それに比べて我がBIの外部ステップの見てくれの悪さ、何とかならないでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

某ブログでBAの考察をしているブロ友さん、少しは参考になりましたか。

この日は空自が購入したFー4Eの1号機と2号機が小牧へフェリーされて来るというので新幹線で名古屋へ向かいました。
天候は生憎の曇り空でした。
小牧基地のBOPSへ顔を出し情報収集、話をしているうちにこのまま滑走路が南風
運用ならばTWRから指示を出し東側(空自側)の誘導路を転がらせるとの嬉しい配慮がありましたが、降りてくる前になって無情にも滑走路は北風運用になってしまいました。他にマニアは居らず転がりは独り占めと思っていたのにね。
今更滑走路のタッチダウンポイント迄行くのも面倒と結局BOPS前からの撮影になってしまいました。
この日は各4枚ずつと全日空のBー727とFー27を計12枚撮っただけと採算の合わない小牧遠征でした。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6

↑このページのトップヘ