飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: マレーシア

イメージ 1

イメージ 2

クアラルンプールからランカウイへは友人と待ち合わせて行ったので16時25分発の便まで時間をつぶすのに苦労しました?

エアアジアのクアラのターミナルはメインから遠く離れた貨物地区、東西の滑走路を結ぶ誘導路の反対側、南側にあります。
建物は貨物用の倉庫を改造したもので天井はやけに高いですね。
LCCなのでPBBは勿論無く、すべてオープンスポットです。
国際線はかなり歩かされましたが、国内線は目の前でした。
非自走式のタラップを使っていましたが、それなら自蔵式のタラップにした方がハンドリングは楽ではないかと感じました。

クアラからランカウイまでは約1時間、西海岸沿いに北上しますが、午後は積乱雲が発達してほとんど地上は見えませんでした。
機体は近距離はすべてA320、勿論機内サービスは水も有料でした。

エアアジアは基本料金は時間帯によって大幅に違い、出入り口に近い席、足が伸ばせる席は追加料金が入ります。座席指定料金もとられ、カウンターチェックインも追加料金が必要です。

イメージ 1

オメデタイ紅白と言えば昨年末にランカウイへ行った際にお世話になった航空会社、エアアジアXの塗装も紅白でした。

一昨年暮に羽田空港へ就航した航空会社の一社です。
旧々ターミナルでは何回か国際線を利用しましたが、2タミ横はとうとう利用せず、新国際線ターミナルは初利用でした。
就航した当時は話題の格安航空券もありましたが、今回はクアラ迄往復5万円弱、マレーシア航空寄りは安かったのですが、機内サービスはゼロ、水も有料、夜間便なので特に不自由は感じませんでした。
ちなみに水は現地で40円のペットボトルが80円と割高でした。

帰りの便はクアラ発14時半、羽田着22時半だったので機内食をあらかじめ頼んでおきましたが
トレー無しのアルミパックのメインデッシュのみという寂しいもの、ホームページでは美味しそうにみえたんですがねー。こんなのだったら空港でマックでも買って持ち込んだ方が良かったかも。

イメージ 1

正月という事でめでたい紅白の画像を探しました。

最近の画像では12月に行って来たランカウイの中に沿岸警備隊のドーファンがあったのに気が付きました。

LIMA2012は空と海の二つのテーマの複合展示会で会場も空港と海上に別れています。

前回(2009年)は国際観艦式も兼ねて行われかなりの軍艦が集まったそうです。

今回は規模が縮小されたようで期待していた前回の海軍のヘリのデモフライトは無かったようです。

沿岸警備隊のデモはボートによる海面機動が主でしたが、海難救助と海賊退治の特殊部隊による
強襲制圧のデモにドーファンがが参加しました。

↑このページのトップヘ