飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: タイ

2002年からさかのぼって1998年12月の続き。
離陸するA-7E。

ウタパオ199812090031_R

A-7E2機とAV-8Aの編隊パス。

ウタパオ199812090006_R

2機編隊のO-2、未だ現役か?

ウタパオ199812090027_R

5機のヘリ、異機種編隊飛行。

ウタパオ199812090026_R

列線のA-7E、奥に並ぶは部品取りの機体か?

ウタパオ199812090044_R

エプロンにいたC-47、当時現役だったかは不明。

ウタパオ199812090034_R

今年は久しぶりにウタパオへ行く予定だったが風邪のため残念ながらキャンセルしてしまった。

ウタパオはパタヤへのゲートウエイ空港になって最近はターミナルにPBBが設置されたらしい。
2002年当時はサムイかプーケットへの往復便があっただけのように記憶している。
エプロンには米軍の輸送機と共に見たことが無い航空会社のロシア機が並んでいた。
プーケットへのチャーター便で置き場所が無くてウタパオへフェリーされたようだ。
ドモジェドボ航空のIL62。

UTAPAO200201120036_R

クラスエアのTU154。

UTAPAO200201120035_R

AJT エアインターナショナルのIL86。

UTAPAO200201120033_R

CAXA アビアのTU154。

UTAPAO200201120032_R

たまたま転がって離陸するTU154、会社名不明。

UTAPAO200201120034_R



今日、1月12日は2002年のウタパオへ行った日だった。
飛んだハリアーは青っぽい塗装だったが、展示されたのは明るいグレー塗装だった。
google mapを見ると、基地の中に広場に何機か展示されているような見えるが、屋根のある展示場にして欲しいものだ。

UTAPAO200201120024_R

UTAPAO200201120027_R

UTAPAO200201120025_R




2002年の子供の日にはAV-8Aもしっかりと飛んでくれた。
午前の着陸は高かったが、午後の着陸は目の前のエンドのタクシーウエイ上に着陸して転がってくれた。

UTAPAO200201120014_R

UTAPAO200201120016_R

UTAPAO200201120019_R

UTAPAO200201120017_R

UTAPAO200201120018_R

UTAPAO200201120020_R

このハリアー、英国からスペインに渡り、その後タイに来たと聞いている。
結局まともな運用は無く終わったようだ。



今日は中東派遣のP-3Cが2機、那覇から出発したとの報道があったが、明日あたりは中継地のウタパオにいるだろう。明日は今年の子供の日、うまくすれば現地で見る事が出来たはずだったが、残念ながら体調不備で中止してしまった。
先日1998年のウタパオを紹介したが、3年後に訪れた画像が出てきたので追加する。
2002年1月12日の子供の日の公開にいつもの友人とウタパオにバンコクから路線バスで行った。
この時は色々とフライトがあったが、なんと言っても嬉しかったのはA-7とAV-8が飛んでくれた事だろう。
1998年にも飛んでくれたがまともに撮れたのはこの時だけに終わってしまった。
午前午後の2回飛んでくれたのも思いがけなかったが、午前の会場は逆光だったので外へ出て滑走路の反対側へ歩いて着陸を撮る事が出来た。この時にレンズ交換の際に手を滑らせて落として、レンズの前面にヒビが入るというアクシデントを起こしてしまった。しかし撮影しても画像にほとんど影響が出なかったのは救いだった。勿論帰ってからはちゃんと修理に出したけれどね。

UTAPAO200201120001_R

UTAPAO200201120004_R

UTAPAO200201120002_R

UTAPAO200201120007_R

UTAPAO200201120005_R

UTAPAO200201120009_R



↑このページのトップヘ