飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: ヨーロッパ、軍用機

 欧州でも少数派のJASー39”グリペン”はハンガリー空軍、59/1飛行隊からも参加した。
残念ながらこの飛行隊は派手な塗装は無し、よく見ると機首に小さく部隊のシンボルかトラの絵が描いてあった。

070_R

602_R

604_R

782_R

784 - コピー_R

792_R
















 今日のトラはチェコ空軍、211飛行隊のJASー39C”グリペン”。かなりリアルなトラの顔が描いてある。

035_R

577_R

765_R

029_R

028_R






















 クリーネブローゲルで開催されたNTM2009のマニアへの公開は金曜日だったが続く土曜日曜日は一般公開の航空ショーが開催された。という事でタイガーミート参加機のフライトの合間に航空ショーの予行訓練があった。
 和蘭空軍は派手なオレンジ色に塗装したFー16がソロでデモ飛行した。1977年に初めてIATで見たNF-5Aは国旗模様の帯を描いただけだったが、30年も過ぎると随分変わったものだ。
 この時は残った画像から見ると大した演技もせず直ぐに降りたようだ。

535_R

538_R

557_R

560_R

563_R
















 地元ベルギー空軍はもう1機、塗装した機体が有った。こちらはよく見るとトラではなく鳥の絵だった。部隊は単にOCU、数字の飛行隊名は無い。実用機機種転換訓練隊とでも訳せば良いのだろう。  
 2007年が創設20周年でその時の記念塗装だったらしい。我が空軍に比べると随分と長持ちしている、是非真似して欲しいものだ。

066_R

354_R

442_R

444_R






















































 今日はノルウェー空軍から参加のF-16B,338飛行隊。
こちらはかなり派手なトラの絵を描いていた。

583_R

713_R

731_R

735_R

736_R



















↑このページのトップヘ