飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: 昔の写真、羽田

国内へ戻ってA社の後期塗装。
JA8514、1982年12月11日、今は取り壊されて更地になった大阪国際空港のハンガーに頭を突っ込んでいる。
この機体が後期塗装の初号機だった。B767の導入に合わせて塗装変更になった。

JA8514OSA19821211_R

JA8515,1984年2月16日、大阪ランウエイ32Lを離陸。

JA8515OSA19840216_R

JA8515、翌々日雪の解けかかった大阪国際空港の51番スポット、背景は宝塚の山。

JA8515OSA19840218_R

JA8520、雪の羽田空港、14番スポットからランウエイ04に向けてプッシュバック。タグ車はL1011に合わせて導入された米国、ペイムーバー社の”平タグ”。胴体の下でも作業できるように車高が低く抑えられている。格納庫内の作業では胴体下での作業が行われたそうだが、屋外では潜ってのトーイングは行われなかった様だ。
トーバーの付け替えをしなくても済むように前後に運転席がついているが前方は運転席が上に上がって視界が良かったが、後方は上に上がらず、左側の視界が確保出来なくて運転手は苦労したそうだ。

JA8520OSA1984FEB_R

JA8518,1990年3月26日、伊丹カーブを旋回する。千歳か那覇行きでキャセイ並みの低い上がりだった。

JA8518OSA19900326_R













1980年代、大阪国際空港にはキャセイ航空がL100を運航していた。
1日2便、1便は香港直行、もう1便は台北経由だった。
どちらもA社の国内線よりも長距離なので重量が重く、離陸後の上昇率も良くなかったので、伊丹カーブを旋回する姿は見かけ上低く見えた。

N321EA、1985年12月。

N321EA_R

N316EA、1986年3月2日。

N316EA_R

N316EA (2)_R

VR-HHL、1986年3月2日。

VR-HHL (3)_R

キャセイのL1011では香港ー成田で帰りにコックピット見学を申し込んだらOKが出て(多分大島辺り)、雑談をしていたら着陸まで居て良いよとなり成田のランウエイ16Rの着陸まで夜景を楽しませてもらった事があった。
今ではどう逆立ちしても無理だろうね。昔は良かった。(笑)



ポジをスキャンしたのでそちらから。

JA8516、1982/12/14 千歳空港36Rに着陸したところ、当時は政府専用機格納庫の北側にターミナルビルがあった。

JA8506CTS19821214_R

JA8507, 1982/12/12 現在は伊丹空港になったが当時は大阪国際空港と呼ばれた、RW33Lを離陸後中国自動車道の手前でレフトターンするところだが羽田便等の重量が軽い機体はどうしても仰ぐ感じになってしまう。

JA8507OSA19821212_R

JA8508, 1982/05/19 千歳のRW36Rにラインナップするところ、雲が切れて何とか日が当たった。

JA8508CTS19820519_R

JA8509, 1982/12/13 雪の残る千歳RW36Rにラインナップ。

JA8509CTS19821213_R






今日はエルテン独特のアンダーギャレー。
L1011は客室のスペースを最大限に活用する為に通常は機体前後や中央にあるギャレー設備を床下に配置した。離陸後専任のCA、たいていは新人がL2ドアーとR2ドアーの中間にあるリフトで下へ降りて作業、着陸前には定位置へ戻るという寸法である。

IMG_0009

アンダーギャレーでセットしたサービスカートをリフトで上へ上げ、サービス終了後は降ろして固定する。
従って機内サービス時以外は客室内にカートが無い為、カートが機内を走るという事態が避けられる。
設計当初はラウンジにという提案もあったようだが実現したという話は聞かなかった。
リフトから後方を見る。

IMG_0013

後方から前方を見る。

IMG_0012

右側にあるサービスドアー、今気が付いたが空撮用の窓にできたはずだが後の祭り。

IMG_0011

アンダーギャレーにまつわるエピソード。
ここには作業中にタービュランス等でシートベルトサインが点灯した場合に備えてリフト横にジャンプシートが装備されている。昔、最終便で伊丹から羽田へ帰るDHのCAが1人だけ客室からあふれてしまったが、誰かがアンダーギャレーにシートが有る事に気が付き定員外で便乗した事があった。ここのシートは緊急着陸した際に危険な為使用は禁止されている。勿論機長も知らないし、運行管理者もね。万が一墜落事故が起こったら身元不明者が1名という事で大騒ぎになったろうが当該便は無事羽田に着いている。めでたしめでたし。











外部は終わって、客室内へ。
通常使用するL1、左側前方入り口、それまでの機種と違って電動式で上方内側にスライドする。閉まるときは最下方まで下りてから開口部周辺に押し出すような形で気密性を高める。左上の赤いT字型が外側からの開閉装置。ドア上左角には経年変化でひびが入ったのか4枚ものパッチがあたっている。

IMG_0008

L1を入った所にあるパーテッション、サービスカーとは置けるがギャレー設備は無い。
黄色いのは非常用フラッシュライト、乗務員が携帯を忘れた時は点検に使っていたらしい。
下の緑色の筒状は携帯用酸素ボトル。

IMG_0014

内側から見た突き当りのR1ドアー、下方の膨らみは脱出用シュート、ボーイングに比べるとスマートだ。

IMG_0006


内側から見たL2ドアー。

IMG_0007

ゾーン1。

IMG_0015

IMG_0017

IMG_0018

ゾーン3。

IMG_0016

トイレ最前方左右に2か所、最後方にまとめて5か所あった。

IMG_0010







↑このページのトップヘ