飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: 羽田

 昨日の続き、JALの旧塗装。
この頃は機首にニックネームが書いてあったが塗装が変わると消えてしまったのは残念。

HND196912260011_R


千歳197407010039_R

千歳197407010031_R

 新塗装のDC-8と旧塗装のB727のすれ違い。

HND196912260009_R

 アエロフロートのILー62、当時はJALと共同運航だったので JAPAN AIRLINES の文字が胴体に書いてあったが何時の間にか消えていた。当時の送迎デッキは金網のフェンスも無く撮影者にも優しかったが今は動物園の檻の中状態だ。

千歳197407010026_R


























 相変わらず出かける気が無いのでスキャンを続けている中から今日は1969年12月の羽田空港。
8月31日に退役したバイカウントが整備地区の北の外れに並んでいた。

HND196912260001_R

HND196912260002_R

全日空ローカル線の主力、F-27。

HND196912260012_R

幹線の主力、B727-100。

千歳197407010040_R

エアインディアのB707。

千歳197407010023_R














 もう45年も経ってしまったが1976年7月、羽田空港のモノレール脇、海保の航空基地にはこんな航空機がいた。
 KH-4。

羽田197607270005_R

 H-18。

羽田197607270008_R

 SC-7。

羽田197607270007_R

 そしてYS-11。

羽田197607270003_R


 今日は青が出ているとの情報で出かけたが又してもトラブル発生かアウトだった。
ということで羽田空港の続き、空撮編。
 2006年2月28日、34Rを離陸して南西方面へ離陸上昇中、新管制塔はまだ無い。

HND20060228 (2)_R

 2006年5月25日、D滑走路は影も形も無い。

HND20060525_R

 2010年5月3日、D滑走路は工事中。

HND20100503_R

 2018年1月10日成田から東南アジア方面へ行くルートではこんな感じに羽田の南側を飛ぶ。

HND,20180110_R













 今朝ラジオの今日は何の日という番組を聞いていたら、羽田空港が1931年に開港したので89周年になるという事であった。そこで画像のある節目の年を振り返って見たい。
 40年目の1971年2月、英空軍のコメット、誰かVIPの訪日だったらしいが誰かな。

羽田コメット1971FEB0003_R

 同じく1971年5月、サウジのVIP、主客はBー707、従者はCー130。

羽田19710523サウジ0007_R

 年月が飛んで70年目の2001年7月、ランウエイ22にアプローチするCABのYS-11,昔は房総半島に巨大な積乱雲が出来たが最近はどうなのかな。

JA8720羽田2001JUL_R

 80年目の2011年9月には南米コロンビアから多分大統領が訪日、空軍のB-767だった。

20110914


















↑このページのトップヘ