飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: 昔の写真、厚木

某BBSが今日で終了、未使用の画像をこちらで紹介しますね。
1970年頃にはタンカー任務でAー3が空母に搭載され、横須賀に入港すると
艦載機が厚木に降ろされてマニアを喜ばせていました。
1969年にはNHレター、胴体に帯を巻いていました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
今では撮影に行かない悪天でも休みで飛びそうな日には出かけていました。
これは空母オリスカニーの出港、1971年です。ASA400のトライXでもかなり露出が厳しかったですね。
 
イメージ 3

今日も捜索ついでに出て来た画像です。
1971年8月14日は厚木基地へ出かけていました。小田急線大和駅から歩いて20分程で滑走路北側の相鉄線のトンネル(今は立ち入りが出来ない)に着きます。
ここからは基地のエプロンが見え状況が良く分かります。
又南風、19運用時には着陸機が頭上を通過するのでこの付近は撮影ポイントになっていました。
北鮮の沿岸を飛行中の海軍電子偵察機、ECー121厚木をベースにしていたので行けばかなりの確率で撮影チャンスが有りました。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
さすがのECー121も1970年頃にはレシプロ機ということもあり老化が進み、後継機にバトンタッチしつつありましたね。
その後継機は同じロッキード社製の旅客機、エレクトラから改造されたPー3を更に改造したEPー3B、こちらも厚木をベースにほぼ毎日飛んでいたようです。
現在は嘉手納にベースを移してせっせと飛んでいるようです。勿論中身は大幅にグレードアップされているらしいですが。
こちらももう40年近くになるのでそろそろ後継機ができてもおかしくないですね。
次はEPー8になるのかな。
 なおこちらはトンネルから更に南西方向へ歩いて10分程、通称墓場ポイントから。
 
イメージ 3

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今日は6月30日、今年も半年が過ぎてしまいました。年をとると月日の流れが早く感じられるのを実感

します。

某BBS用にスキャンした画像の出番がなくなったのでこちらで公開します。

この日は朝のうち曇りだったもののだんだん天気が良くなり、午後には晴れてきた様に記憶しています。

地上展示機はイマイチの内容でしたが、非展示機は色々と楽しませてくれました。

なんといっても嬉しかったのは当時横田をホームベースにしていた私は空軍のFー4C(XT)の飛来で

したね。当時はわからなかったのですが後で聞いたところによるとニッピで改修作業の為の平井だったよ

うです。

公開エリアだけでは満足できない私は立ち入り禁止のない場所を求めてハンガーの裏手をウロウロ、VQ

ー1のECー121などを見つけたものです。引き込み線路まではやはり怖くて行けませんでしたね。

第3飛行隊のPー2Vー7も展示機で来ていましたが、この後Pー2Jになって厚木をホームベースに

するとは思ってもいませんでした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 今日はネタが無いので昔の写真から。

 ネガ管理がしっかりしていないので日付がはっきりしませんが、1968年頃と推定されます。

 冬の曇り空の寒い日、なぜか空母が出港しそうだとの情報が入り(当時は今と違ってネット環境は無く電話が頼りでした)はるばると相鉄線のトンネルの北側へ出かけました。

 当時の私は入間在住の特公でした。池袋、新宿乗り換えで2時間ほどかかったと思います。

 現地にはすでに先客が10名ほどいたようです。

 空撮りしたネガには10年後にヨーロッパ遠征の際に同行したM氏の姿も見えましたが、当時は面識もなく最近ネガをスキャンしたら判明しました。

 さて出港の離陸はネガを見る限りパラパラといった感じで、KA-3B、F-8E、E-1Bなど数機しか写っていませんでした。

 ほとんどが高い上りでしたが、たまにはF-8 ”クルーセイダー”みたいに通り過ぎてからガバッとひねる、なんて言うのもありました。

 こういうのに限ってブレてます。残念!

↑このページのトップヘ