飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: 福島

昨日の福島の第二目標はタイエアアジアのA330、こちらは単発ではなく昨日から月木の週2便でしばらく運行される予定だが、コロナウイルス感染が納まらなければ早期に終了となるかも。
定刻より早着して国際線スポットにいるタイ航空のA330が何故か大幅遅れで占拠している為タクシーウエイエンドでスタンバイする破目になってしまった。
隣の国内線スポットはがら空き、こちらを使用するという選択も有ったと思うが?

DSC_2877_R

本国では有りえない2機並び、もう少し高い位置からだったら完璧だったが。

DSC_2926_R

出発が12:30だったのにこちらも大幅遅れ、何でだったのだろう。おかげで光線状態は良くなってきた。

DSC_3017_R

DSC_3026_R

DSC_3034_R

DSC_3042_R




今日はタイ、バンコクから福島へチャーター便が二つ、しかもどちらもA330が来るというので出かけてきた。
最初の便は午前8時なのでパス、2便目の到着、10時10分に間に合うように7時半過ぎに出かけようとしたら埼玉在住のS氏からもう現地到着の報せ。
9時半に到着すると、やっぱり仙台のOさんも。このところ南へ北へと忙しい人だ。
さて肝心のA330だが、時間的には国際線スポットが一つしかない福島で20分しかセパレーションを取っていないので到着便は草着、しかし前便は何故かPBBが着いたままクリアランスもリクエストせず。
定刻より40分も遅れてTG8137はバンコクへ向かって行った。

DSC_2848_R

DSC_2854_R

DSC_2916_R

DSC_2941_R

DSC_2945_R

DSC_2953_R






 先月28日に福島へオムニのB767のチャーター便があった事を知り、戻りの昨日福島へ。横田の常連だが、なかなか横田までは行けないのでチャンス到来。
 当日午後、飛行状況をFR24でチェックすると便名、機体情報が見当たらず経路をチェックするとB62だけの行く先不明機を発見、方角的に間違い無さそう。近くを飛んでいるA社の羽田行きと到着時間が18時8分と出ていたので福島着も同じ頃になるだろうと予測、日没間近の18時過ぎに降りてきてヤレヤレ。

イメージ 5

イメージ 4

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 6

 帰ってからFR24をチェックしたら横田フライングクラブのセスナ172が2回も福島へ飛来していた事が判明、時間が合わずに撮れなかったのが残念だった。

 大滝根を早々に切り上げて帰る途中で福島空港に何か居ないかなと覗いたら、
パイパーチェロッキーが2機だけで閑散。定期便はあさと夕方に集中、昼は1便だけあったけどこれには間に合わず。この日はチャーター便が2便あったけどいずれも午後6時過ぎの到着。
 ビル内をうろうろした後、展望台で休憩しているとロビンソンR22がお戻り。

イメージ 3

 その後、JA4233が離陸、これを撮ってRTB。

イメージ 2

イメージ 1

 昨日は空自大滝根分屯地62周年記念日と言う事でエイヤット早起きして2時間ほど走って基地までのシャトルバスが出るという田村市大越町へ。
 ローカルなので余裕で乗れると思ったら既に長蛇の列が...、初便の2台では半分ほどしか乗れず、次の折り返し便を待つと展示飛行には間に合わない、急遽船引町の運動公園へ行ったらこちらのバスが出発したところ、ならばと次の選択肢をと次の場所へ行ったらこちらも満車、一体どうなっているんだろうね。
 仕方が無いので裏技を使ってなんとか展示飛行に間に合った。しかし肝心のフライトはRF-4と松島からのF-2は南側正面から突っ込んで来るパターンがほとんど。
 期待した山の下から駆け上がってくるのや会場を中心にグルグル廻るパターンは無し、骨折り損のくたびれもうけで早々に退散しました。
 それにしてもマニアが多かった事。

イメージ 8

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 1

↑このページのトップヘ