飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

カテゴリ: 築城

 築城では今、滑走路工事の為旧滑走路で暫定運用している。その為西側の07エンドではかなり近い場所で着陸が撮れる。しかし工事中なので背景がうるさいのが玉に瑕。

DSC_5196_R

DSC_5235_R

 転がりも撮れることは撮れるがちょっと遠いかな。

DSC_5151_R

DSC_5171_R









 

 先日はパンサーの柄物が消されそうだというので、天気の状況を見て出かけて来た。
予報が外れ初日は柄物が飛んだものの曇り空だった。翌日は朝から快晴、さあ今日こそはと勇んで現地へ行ったものの結局姿は見えなかった。地元では期待を裏切るほどに盛況だったと後で聞いてガックリ。
 まあそれでも海岸沿いの堤防で久しぶりにドラッグシュートを曳いた姿が撮れたのは良かった。

DSC_5003_R

DSC_5016 - コピー_R

DSC_5083_R

DSC_5021_R

 近くの川を覗いたらおいしそうな鯉がうようよしていた。

DSC_5315_R














 

 今日というより昨日の1枚、こんなのを撮りに行っていたら、地元ではマリンコが大暴れ、カブトも見慣れない吊るし物を付けて飛んだとか。おまけにピカ晴れのかの地では今日は柄物は飛ばずガックリ。ツキに見放させたようだ。さて明日はどうしよう。

DSC_4578_R

 昨日の続き、228と共に転がって来た6SQのF-1,こちらは通常塗装。

築城1988NOV0001_R

築城1988NOV0005_R

 洋上迷彩。

築城1988NOV0004_R

 滑走路にラインナップ。

築城1988NOV0008_R

 スタートロール。

築城1988NOV0009_R















 三沢基地航空祭1970は一休み、今日は1988年11月の築城。
この日は多分総演の期間だったと思うが変な塗装のF-1が転がって来た。
 頭隠して尻隠さずを地で行った塗装、日の丸は消して有るが機首の番号や尾翼のマークはそのまま。
よく見るとインテーク後方には機首番号の下二桁や尾翼のマーク、主翼後方に小さな日の丸がオーバースプレイしてある。手間暇をかけてあるが番号やマークをオーバースプレイすれば済んだのではなかろうか。
 なおこの後機種の番号や部隊マークを消したのかは判らない。

築城1988NOV0006_R

築城1988NOV0007_R








↑このページのトップヘ