1971年7月の入間基地、当時の管制塔は米軍から引き継いだ鉄骨の櫓だった。
最近はセキュリティーが厳しくなって出入りが出来ないが、当時は階段を昇れば途中の踊り場までは簡単に行く事が出来た。エプロンには飛行点検隊の160号機、滑走路上には輸送航空隊の154号機。

入間横田1971JUL0023_R

それから47年後の2018年7月の入間基地、ランウエイ17へのアプローチ、赤鼻から黒鼻に変わっていた。
手前の住宅はほとんど2階建てになり後ろには高い建物が増えた。改めて月日の流れを感じさせる。

160入間20180703 (4)