昨日午後6時頃青森空港に三沢のFー16が緊急着陸した。滑走路上で停止した為ランウエイクローズ、往復8便が欠航したそうだ。
 青森空港では以前にも三沢のFー16が緊急着陸した事が有ったがこの時はたしかランウエイクローズにはなっていなかったはずだ。
 ここで疑問に思うのは何故早急に移動できなかったのだろうか?タイヤがパンクしていなければトーバーが無くてもロープでタグでトーイング出来たはずだ。早急に移動していれば定期便の欠航は避けられたはずだ。また米軍と交渉してトーバーを配備しておくのも一手だろうね。
 最悪ランウエイクローズになった場合には三沢へのダイバートも考えておくべきだろう。米軍に起因する事態なので米軍も断れないはずだ。早急に協定を結んでおくべきだろう。青森市内まではかなり時間がかかるがその日のうちに来たく出来るだろう。空港の責任者は安全も大事だが乗客の利便性を念頭において行動してほしいものだ。