飛行老人の飛行機話

Yahooからの引越しに伴いタイトルを変更

 話は前後するが、今日は公開前のアライバルデーに撮った画像。
基地の東側は若干の広場はあったが後ろへ下がると目の前に立木があり、低い着陸ではもろに木が被ってしまうという欠点があったが、着陸を撮れる場所は此処しかないので我慢。

IAT197902220040_R

IAT197902220039_R

トラフィックが多くてホールドがかかったのかバッカニアの1機はベイパーを曳いて上空を旋回した。

IAT197902220038_R

IAT197902220035_R

IAT197902220036_R
















 中断していたIAT1979を再開、今日は独特の形状な英国製の攻撃機、ブラックバーン”バッカニア”、いかにも頑丈そうなスタイルだ。
当初は艦上攻撃機として作られたが、空母の退役に伴い、1978年に空軍へ移管された。
 従って1979年には残念ながら海軍の機体は見られなくなってしまった。
この時はデモフライトで飛んでくれた。

IAT19790223,24-20034_R

IAT1979JUN-20042_R

IAT1979JUN-20045_R

IAT1979JUN-20046_R

IAT19790223,24-20041_R

IAT19790223,24-20046_R







 先日の百里、2日目の青と黄色は姿が見えなかったが、うれしいサプライズがあった。
カブトのセカンドの降りは久しぶりのウエスト降り、カブトで見たのは初めてだった。黄色い大きなドラッグシュートは近くで見ると迫力がある。

DSC_2875_R

DSC_2879_R

DSC_2881_R

DSC_2885_R

DSC_2888_R

おまけはタッチアンドゴーのカブト、逆光気味のほうがススキが引き立つようだ。

DSC_2859_R



↑このページのトップヘ